ボイスサンプルの原稿集【台詞編その2】

--------------------------------

んーーーーー、これすっごく美味しいね!
どうやって作ったの?
えっと、まずお肉に下味をつけて冷蔵庫に1時間寝かせて・・・、
ふむふむ、で、充分に熱したフライパンにお肉を入れると・・・、
ここまでは普通の手順だね。
で、お肉に火が通ったらあらかじめ混ぜておいた調味料を一気にかける・・・。
やっぱ普通だね?それでどうしてこんなに美味しくなるのさ?
え?やっぱり秘密があるの?早くそれを言ってよ〜。
で、仕上げに手のひらに溜めたオーラをお肉に均等に行き渡る様に放つと・・・、
って、出来るか!そんなもん!!

--------------------------------

命の重さはみんな同じだって?
笑わせてくれるね。
なら聞こうか?
君は目の前で恋人と見知らぬ赤の他人が同時に死にそうになっていたらどっちを助ける?
間違いなく恋人だよな?
いいか、ハッキリさせておくぞ。
人の命が大事なんじゃない。
大事な人の命だから大事なんだ。
モラリストを気取ってると、いつか本当に大事な物を失うぞ?
よく覚えておけ。

--------------------------------

ふっ、ここまで辿り着くとは大したもんだ。
だがしかし、それもここまでだ。
この剛拳のゴウケン様が貴様を墓場に送ってやる。
そしてその後、墓石も破壊してやる・・・。
どうした? ここは笑うトコだぞ。
あーっはっはっは!!

※中ボス敵キャラ想定です。大柄マッチョで無頼漢ですが駄洒落を交えるというお茶目さ(バカ)を上手く表現してみて下さい。

--------------------------------

なんだよみんな、もう諦めちゃうのかよ?
せっかくここまで頑張ってきたんだ、もう少しの辛抱なんだぜ?
分かんないヤツらだな。
誰も見た事の無い冒険の世界が、オレたちを待ってるんだぜ?
ほら立てよ、みんな!
オレたちの旅は、こんなトコで終わらせちゃいけないんだ。

※ありがちな台詞ですが「激励」と「説得」と「苛立ち」の要素を考慮しながら色々試してみて下さい。

--------------------------------

君には君の、君だけにできる何かがきっとある筈さ。
今は焦らずに、それを探す事に頑張ればいい。
それを見つけた時、きっと君は周りの人間を幸せにできると思う。
そして僕は、僕にできる事をする為に行くんだ。
闘う事なんて誰だって望んじゃいない。
でも、闘わなければ君たちを護れないなら、僕は喜んで戦場に立つよ。
心配しないで、僕は必ず帰ってくる。
根拠は無い、でも自信は・・・予感がするんだ。
・・・行ってくる。
それまでに君が自分のなすべき事に出会ってる様に願ってる。
約束する。きっとまた、ここで会おう。

※戦場へと向かう男が恋人に向けた台詞です。日本語的に少々微妙なのはあえてそうしてます。

--------------------------------

私のやってる事が間違っていると・・・あなたは言い切れるのですか? 
大いなる科学の進歩には犠牲は付き物。
それは歴史が証明しています。
この尊い犠牲の上にこそ私の目指す物はある・・・。
理解できたのならそこを退いて下さい。
それとも、あなたも私の理論を証明する人柱になってくれるのですか?

※冷徹なマッドサイエンティストにして悪の幹部的なキャラです。ナルシスト要素を入れるもの面白いでしょう。

--------------------------------

確かに夢は人を惑わせるかもしれない。
見果てぬ夢を追い続け、自らを滅ぼす人間だって大勢いる。
それでも、人は夢を見るからこそ、無限に強くもなれるんだ。
見ろ!これがみんなの願い、これが俺たちの夢の結晶だ!
来れ! 限りなき輝き!! 
引き裂く閃光!! ガルフィーダ!!

※ヒーロー系です。大きな敵を前にとっておきの召還獣を呼び出すシーンをカッコよくやってみて下さい。
--------------------------------

よぉ、いいざまだなぁ、おい。
だから言っただろう、俺様に逆らうなって。
お前、無謀を通り越してバカだろ?
バカじゃなきゃ、お前の行動は理解できねぇ。
・・・なんだよ、そのつら?
お前、今どういう状況かわかってんの?
だから、ムカつくんだよ、その目!
!!(蹴りを入れる)
どうだ、いてえか?
!! !! ひひひ、いい気味だ。
ちっ、だからその目を止めろって言ってんだよ!!(蹴り)
ははは、死ね、死ね、ぎゃははは、死ね死ね死ね・・・!!
おい、こいつを奥の部屋に転がしとけ。
今夜、ゆっくりいたぶってやるよぉ、ゆっくりたっぷり、じっくりとな。
ぎゃははははは。

※ブチキレキャラです。まずは自分でもやり過ぎだろうと思うくらい思い切りやってみて下さい。
キャラの設定等を深く考えるのはその後でやってみましょう。


--------------------------------

犯行時刻のアリバイ、それ意味無くなったから。
君の嘘を裏付ける証言と証拠、ちゃんと取れたから。
これ以上のいい訳は自分の首を絞める事にしかならないよ。
真実を覆い隠すベールには、必ずどこかにほころびがある・・・。
さぁ、推理ショーを始めようか。

※探偵もののキメのシーンです。犯人をクールに追い詰める感じです。
最期の1行を威圧的にするかクールなままでいくかで変化が付けられると思います。


--------------------------------
posted by ボイスサンプルの原稿集 at 23:52 | Comment(0) | 台詞(その2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。