ボイスサンプルの原稿の読み方

ここでは、このボイスサンプルの原稿集にある文章の読み方(使い方)についてアドバイスしていきます。

原稿集の台詞編のひとつを例にして解説していきます。

---------------------------

先輩…!
先輩、あの…、卒業おめでとうございます。
先輩…、初めて会った時から先輩の事好きでした。
でも、ずっとずっと言い出せなくて…。
自分の気持ちを伝えられないままお別れするのイヤだったから。
これが、嘘偽りの無い今の気持ちです。
先輩、今までも、そしてこれからもあなたの事が大好きです。

---------------------------

まず、この原稿から分かる事を考えてみましょう。

登場人物は自分と「先輩」の二人です。
相手が先輩という事は、自分は「後輩」になります。
先輩は卒業するようです。
あなたは先輩の事が好きだったのだけど、今まで告白しなかった。

ここまでは原稿に書いてある事なので分かると思います。
さて、ではここまでの情報だけで読むのも方法として無しではありませんが、
それだけでは足りないものがたくさんあります。
ちょっと考えてみて下さい。

まず「自分」の性別は男性か女性か?
これはどちらでも結構ですし、どちらでも使えるように書いています。

何故、今まで告白できなかったのか?
自分の性格が引っ込み思案だったから?
それとも相手が、例えば学園のアイドルのような普通の人にとっては高嶺の花だったから?
それとも、相手には好きな人がいてそれを知っていたから?

「お別れする」とは先輩が卒業して学校からいなくなるからだけでしょうか?
もしかしたら引っ越して遠くに行くのかも?
もしかしたら自分の方が遠くに行くかもしれない?

あなたは告白してどうしたい(どうなりたい)のか?
お付き合いがしたいのか?
それとも絶対に振られる(相手に恋人がいる等の理由)のを承知の上で、気持ちを伝えておきたかっただけなのか?


どうですか?
こうやって考えていくと、この短い文章の中に実に豊かなストーリー性が出てくるとは思いませんか?
そして、そういった設定によって自分の気持ちは変わってきますし、言葉にする時も全く違ってきます。
同じ文章でも、
「引っ込み思案な自分が遠くに引っ越す前に先輩に想いを伝える」のと、
「学園のアイドルの先輩と卒業をきっかけに付き合いたい」のでは内容が全然違ってきませんか?

あくまで一例ですが、こうやって考える事によって同じ文章でもいくつもの解釈が生まれてきます。

他にも考えられる事はあります。
○自分自身の性格(キャラ付け)
○先輩の性格(キャラ付け)
○先輩後輩の関係性(部活なのか単に学年だけの事なのか)
○時間は?場所は?二人の距離は?


もしかしたらこの登場人物ふたりは男同士か女同士かもしれませんよ?

原稿を目の前にして漫然と読むよりも楽しくないですか?

想像力は創造力です。
色々と考えてみて下さい。
そして自分の感覚と一番マッチするシチュエーションをチョイスしてみて下さい。
あるいは、同じ原稿で2パターンやってみるのもひとつの手です。

悩んで考えた先に、きっと自分のベストな台詞回しが待っている事でしょう。

posted by ボイスサンプルの原稿集 at 00:00 | Comment(0) | 読み方のアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。